病院薬剤師とか薬局薬剤師とか

病院薬剤師とか薬局薬剤師とかをご紹介!


病院薬剤師とか薬局薬剤師とか

薬剤師が、働く場所といえば、薬局があげられますが、薬局といえどもその関連する場所は色々あり、そうした場所で働く薬剤師は、薬局薬剤師と言います。 それに対し、病院で薬剤師として働く薬剤師の事は、病院薬剤師と呼びます。 この、薬局薬剤師、病院薬剤師とは、そもそも薬局に関連した場所で働く薬剤師と、病院ではたく薬剤師ということで、勤務場所の違いだけでなく、その働く場所に違いによるいくつかの違いも存在します。

この違いには、色々な点があげられるわけですが、最初に挙げられるのが、勤務地による広さの違い。 当然、薬局は小さな場所で、調剤等を行い、病院は広い場所で、調剤を行ったりします。 病院は、そもそも比較的場所において調剤を行うのに対し、薬局関連の場所では、せまい施設内で働く事が必要となりますから、この面からして、病院薬剤師と薬局薬剤師は異なります。

場所が広いから良い、というものではないにしろ、やはり働く環境として長い時間狭い場所においての調剤勤務というのは、快適なのか?と考えた場合、やはり、快適とは言えない状態だという事なのです。 薬局では、そもそも一人の薬剤師が、調剤から服薬指導を行うわけではありませんから、少なくても数人存在し、その狭い範囲の場所で、およそ8時間程度、調剤業務を行うとなれば、時には苦痛に感じる事もあり得るという事は、確かです。

また病院薬剤師と薬局薬剤師の違いには、こうした働く場所における広さの問題だけでなく、そこに関わるスタッフの違いもあげられます。 病院薬剤師の場合は、その関係するスタッフの中には、医師をはじめ看護師等も存在し、尚且つ栄養士や検査技師等も存在するわけですから、非常にたくさんの専門スタッフが存在する環境で働くという点も薬局薬剤師との異なる部分立と思います。 病院で働く薬剤師は、そもそも病院という医療機関におけるスタッフの一員として働く事となりますから、そうした面でも考え方等も異なってくると思います。

もちろん薬局関連の場所で働く薬剤師の取り巻く環境に存在する方々の中には、栄養士がいる場合もありますので、薬剤師だけとは限りませんが、スタッフの多さは、やはり病院の方が圧倒的に多い事は事実です。 しかも、病院、薬局で働く事には、調剤自体の業務はいずれも同様ですが、そこで扱う薬の種類が異なってきますから、病院薬剤師と薬局薬剤師は、薬剤師として働く事には変わりはないものの、それに伴う業務は、やはり大きく違うものといえるのです。

>>病院薬剤師の求人はココです