薬局業務の実態

薬局業務の実態とかをご紹介!


薬局業務の実態

薬局業務の実態とは、少し大袈裟ですが、薬剤師が就職する場所として、一番に多い就職先というのが、この薬局であると言われています。 ですが、薬局とひとことで言っても色々な形があります。

薬局には、医師からの処方箋を扱う調剤薬局から、大衆薬なども扱う薬局も存在し、医薬部外品が主な収入源となるドラッグストア等、薬局にも色々な形が現在では誕生しています。 その中でも医師からの処方箋&大衆薬を扱うという薬局といえば、その経営は中々厳しい、難しい状況であると考えます。

こうした事をいうのには、理由があるわけですが、その理由は、薬局自体ボランティアで経営を行っているわけではなく、売り上げは当然考えなくてはいけません、尚且つ医師の処方箋に特化しすぎる事により大衆薬が今度は、売れなくなると考えられますから、そうした面を考えてみても、このタイプの薬局は経営が厳しいのでは?と考えるのです。 また、大衆薬も当然、薬剤自体も当然、使用期限が、ありますから、その使用期限に沿って、売りきらないと、結果処分に至るという事になり、色々な面を考えても、こうしたタイプの薬局は、経営が厳しいのではないか?と考えるのです。

このように薬局業務の実態に関し手を考えるわけですが、そもそも薬局では、薬剤師にしか販売の許可されない、OTC医薬品等を扱っており、そのような薬剤を販売、提供する場合は、患者さんとなるお客様に対し、どのような症状なのかを確認します。 又、その後はその症状に沿った薬品を提供する事となりますが、薬剤師の目線から、考えて、患者が要求する薬剤が適さない場合は、やはりきちんとその内容をお話しし、他の薬剤師を勧める事となります。

又、この場合、その症状が、大衆薬では、補える症状でないと判断した場合は、医師の診断を勧めます。 要するに、薬局とは、そこに存在する薬剤師が、患者さんの目線に合わせたお薬を選び、時には、お客様が提案する薬が効果が無いと判断し、別の薬を促す事もしますが、薬剤師は、そもそも患者さんの症状に合わせた、適切な薬を選んでくれる事となりますから、薬局は、医師の処方箋を渡すところというだけでなく、病院にかかるほどではないが、何か体調が思わしくない、という場合にも、その症状に適した薬を提案してくれる事となりますから、薬局に行く機関がある場合は、そうした体調に関する心配ごと等がある場合、一度相談してみるというのもお勧めです。

医薬品卸の管理薬剤師の求人 管理薬剤師-wikipedia-