卸売一般販売業の薬剤師

卸売一般販売業の薬剤師をご紹介!


卸売一般販売業の薬剤師

卸売一般販売業という職業は、比較的目立たない、聞く事のない職業ですが、卸売一般販売業も薬剤師の就職先としてあげられる場所となります。 そもそも、この卸売一般販売業とは、簡単にいうと医薬品を扱う問屋の事なのですが、製薬メーカーにより、開発された新薬というものは、この問屋に卸され、そこから、病院等の医療機関、もしくは、薬局に運ばれる事となります。

このような卸売一般販売業なのですが、この卸売一般販売業における薬剤師の仕事は?といえば、製薬メーカーのような新薬の開発は行わず、薬局薬剤師のような調剤も行いません。 この職業における、薬剤師の仕事とは、主に医薬品の管理であり、この職業における基本業務が、医薬品管理という事になります。

そもそも製薬メーカーにより開発された新薬は、卸問屋に卸されるわけですが、当然その場合、医薬品を所蔵し、管理する事が必要となりますから、卸売一般販売業においても、薬剤師の位置付けが義務付けられていると、いうことなのです。 そこで、そこに存在する、薬剤師がその医薬品を管理する事となるわけです。

この卸売一般販売業野扱う薬の中には、当然、劇薬と呼ばれる薬も存在し、向精神薬等厳重に管理が必要とされる薬もありますから、扱い自体を一歩間違えると、当然、大事に至る事も想定されますし、万が一、紛失や盗難というリスクもありますから、それにまつわり、それらの医薬品をきちんと管理する存在が、非常に重要なのです。 また、こうした場合の管理だけでなく、卸売一般販売業の薬剤師には、医薬品が正しい状態で卸せるように、衛生面での確認も非常に重要な役割となりますから、調剤や新薬開発という薬剤師とは別の重要な任務を果たすべき、そこには必要不可欠な存在であるという事なのです。

卸売一般販売業の薬剤師の仕事とは、このように医薬品の管理、医薬品における衛生面での管理の他にも情報の提供という役目も存在し、問屋には、そもそも病院もしくは、薬局〜薬に関する問い合わせが、多数寄せられる事となりますから、それに対する医薬品における的確な返答をする事というのも、この卸売一般販売業に存在する薬剤師にとっての重要な役目なのです。 又、こうした業務は、単に医薬品に関する適切な返答をするというだけでなく、相手に正しく医薬品を使用してもらうためにも重要な役目であり、尚且つ多くの顧客を獲得するためにも非常に重要な役目を担う存在であるという事なのです。

製薬会社の薬剤師の年収情報について